*目標設定・年間計画シリーズ 目次 *

①目標設定の前にやるべき準備
②最高の目標を設定する正しいステップ
③目標設定に必要な7つの項目
④目標を叶える年間計画の立て方
⑤目標を潜在意識に浸透させる方法
⑥ビジネス発展の販促計画を立てる
⑦目標を叶える自己管理テクニック

 

 

目標を立てる前に必ずやって頂きたいこと


14a3334a0c0d68a13199c26e0849d590_s



今年や今年度の目標はすでに立てられましたでしょうか?


まだという方も、これからという方も、いま途中だという方も
クライアントの目標設定や達成をサポートしているコーチとして
必ずやって頂きたい事前準備があります


それは、去年などのふり返りです。
「なんだ、そんな当たり前の事か・・・」
「過去に目を向けるより、未来に目を向けるべきじゃないか・・」


というようなお声があがるかもしれませんが
実は、この振り返りをすることによって
非常に重要な気づきがあります

自分が培ってきた能力、経験、素晴らしさに気づく


77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s


振り返りをする事で、新たなゴール
(目標)や
自分の内なるリソース(資源)に
気づくことが期待できます。


自分が頑張ってきた事に心を向けると
自分への感謝や勇気が湧いてくるかもしれません


前月とか先週とか、近い所から思い出していくと
記憶もまだ新しいですし、それをきっかけに
芋づる式に出てくるのでやりやすくなります


スマホやパソコンでスケジュールを管理している方は
スケジュールアプリを開いてさかのぼってみていきましょう
手帳をつけている方は、更にやりやすいですね


それに、Facebookを頻繁に更新されている方はそれもOK
ブログ等で日記をつけている方も振り返りやすいですね


それらを見ながら、さかのぼっていって
自分がやってきたこと、うまくいったこと
頑張ったこと、チャレンジしたこと


それらに心を向けて、リストアップしていってください。

心の状態を高めてから、スタートラインに立つ

2f0905ba9dd5d80213f6fe9c5304d836_s


何を目指すのか?
どこに向かってスタートするのか?

それを決める前に、心の状態をたかめましょう


過去の振り返りをおこなうことで
自分のリソースに気づくだけでなく
実は成功体験を、脳と心で再体験しています


うまくいったことを思い出し、想像することで
自然と自信もでてきます。


自信がある状態で立てる目標と
自信がない状態で立てる目標は
変わってくると思いませんか?


自分を高めた状態で目標を考えていくと
自信を持ってより高い目標へもチャレンジができます。


最初にたてる目標の質によって
その後の1年が終わる頃には
大きな差となって現れてくるでしょう

ワークシートのダウンロード

1年間の振り返りワークシート(PDF)も用意しましたので
こちらからダウンロードしてお使いください。

 

160104_ゴール設定のための1年間の振り返り

 

 

LINEで送る