*目標設定・年間計画シリーズ 目次 *

①目標設定の前にやるべき準備
②最高の目標を設定する正しいステップ
③目標設定に必要な7つの項目
④目標を叶える年間計画の立て方
⑤目標を潜在意識に浸透させる方法
⑥ビジネス発展の販促計画を立てる
⑦目標を叶える自己管理テクニック

 

目標は”逆算”で決めていく!


efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s



目標を設定するための正しい順番を紹介いたします
いきなり結論ですが、目標を設定するときは
未来からの逆算で設定してください



未来にこうなりたい!これを成し遂げたいという使命
自分の人生がキラキラと輝くような夢ややりたい事
それらが達成した未来のイメージ(映像・動画)から逆算して


最終ゴール



中間ゴール



今年のゴール

という順番で目標を設定してください。


この時大切な考え方は、叶う叶わない、出来る出来ないは無視
現状の自分の出来る事や実積はとりあえず無視して
未来からの逆算で、現在あるべき姿や目標を設定してください。

残念な目標設定あるある




例えば、去年の実積が100だとして
今年はもう少し上を行けたら嬉しいので
110くらいがいいかなぁ・・・


けっこうこんな風に目標って決めてしまいがちでは
ありませんか?


企業の売上目標なんかも中小企業では
こんな目標の決め方がざらですよね


でも、これならまだましな方で。
会社員の場合、実際には


「高い目標をたてると上司からの追及が厳しいので
なるべく低く低くしておこう・・・」


「立てた目標も、本当はもっと達成できるんだけれど
来年もっと高い目標を立てさせられてしまうので
このくらいにしておこう・・・・」



といった感じで、もったいない目標設定をしている人が沢山います。


この記事は、上司の追求をうまくかわすための目標設定ではなく
起業家や起業したい方などが、人生を本気で充実させる為の
目標設定法をお伝えしたいので


こんな目標の立て方は絶対にやめてください!

 

過去を振り返るが、過去は基準にしない

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s



目標設定の準備として
過去を振り返り成功体験を再体験したり
自分でも気づかなかったリソースをみつける事を書きました


しかし、目標は過去を基準に立ててはいけません


目標を現状から積み上げ式で考えてしまうと
発想が乏しくなってしまいがちになります

それではまだ自分でも気付いていない潜在能力を
眠らせたままになってしまいます



おすすめなのは、

絶対に無理だ!

自分には出来るわけが無い!!!


というくらいぶっ飛んだ目標を立ててみてください。


人生の見方が少し変わるかもしれませんよ!
ちなみにぶっとんだ目標は暫定でかまわないです


現時点で本当に望んでいるか絶対の確信は無くても
暫定でぶっとんだ目標を立ててみてください


そしてその未来ありきで、逆算で目標を考える


現状ではなく未来にあるべき姿に
自分の目標も価値観も最適化していきましょう


あなたの目標設定にぜひ取り入れてみてくださいね

 

ワークシートのダウンロード

未来から逆算して目標設定するためのワークシート(PDF)も用意しましたので
こちらからダウンロードしてお使いください。

 

 

LINEで送る