ブログ記事を書く時のヒント(SNSとSEO)

ブログ

SNSとSEOの両方からアクセスを集める方法

SNS(フェイスブックなど)の場合は、自分でシェアしたタイムラインの記事やシェアされた記事がつながりのある人などに読まれます。日々のコメント・いいね!・SNS上で影響力がある人との交流や、多くの方に役立てる記事を書くことでシェアされて多くの方からアクセスが集まります。(有料のフェイスブック広告を使えばつながりのない人へのアプローチも可能です。)

SEO(検索)の場合は、基本的につながりのない人が自分の知りたい情報を検索することで表示されて記事が読まれます。常に検索需要のあるキーワードで記事を書くと、一度書いた記事が長く読み続けられて安定したアクセスが集まります。

ほかにも方法はありますが基本はこの2つだと思います。どちらもチャレンジしてみて自分にあった方法、また情報を届けたい対象者に合っている方法なのかを検討してみてください。

 

タイトルと見出しはSEOにも影響を与えます。

魅力的な記事タイトルはSNSでシェアした時にいいね!やアクセス数に大きく影響しますが、SEO的にも大きく影響します。タイトルと見出しには狙いたい検索キーワードを入れましょう。

 

その記事タイトルは検索需要ありますか?

自分で良いと思ったタイトルでも検索されていなければアクセスは集まらず、情報を人に伝えることは出来ません。aramakijake.jpなどでどのくらい検索されているか確認しましょう。

 

記事は検索した人が読みたい内容ですか?

検索した人は手っ取り早く情報を得たいから検索しています。

例えばこのようなものです

・何かが欲しい、どこかに行きたい。
・何をどうすればいいのか早く知りたい。
・自分と同じような悩みの人っているかな?

 

Googleさんは指示語がわからない

指示語とはいわゆる「こそあど言葉」です。人と人との会話では「これ」とか「あれ」と言っても前後の文脈や周りの状況から何のことかわかりますがGoogleさんにはわかりません。指示語を多用している記事は要注意です。

 

まとめ:結局は読み手に対する愛だと思う。

読み手がなぜ検索しているのか?
どんな内容が読み手のニーズを満たせるのか?
どんな書き方なら読み手に届くのか?

わたしの個人的な意見ですが、読み手に対して愛情をもって記事を書いていく(正義ではない)ことがアクセスにもつながると思います。また読み手だけではなく社会の問題の解決にもつながるようなものはシェアもされやすく情報が届く可能性も広がります。

 

Follow me!

ホームページ・ブログを自分で制作しませんか?

ホームページ・ブログを自分で制作したい人向けの、初心者向けワードプレス講座を開催します。

ノートパソコンを持参していただいて実際に手を動かしながら構築していきますので、サポートを受けながら安心して進めていくことが出来ます。