セルフコーチングを学びませんか?

起業しようと思って異業種交流会に行った時の失敗談

「本気で起業しよう!」そう思ったとき、初めて異業種交流会というものに参加してみました。

今まで行ったことがないのでどんな所で何をしているのかもわからないまま、インターネットで検索して見つけた交流会に取り敢えず参加してみた時の失敗談とそこから学んだ事をまとめた記事です。

なぜ異業種交流会に参加するのか?

独立起業しようと決意をしたのですが、それまでの私は約10年間ひとつの会社でずっと同じクライアント様への法人営業をやってきました。

そのため担当していたクライアント様とはしっかり信頼関係も築けていて強いつながりを持てていたのですが、逆に言うと会社の取引先以外には何の人脈もありません。

これまではそれで良かったけれど、これからはこのままではマズい・・・。自分が独立起業するにあたって新たな人脈をつくっていかないとお客様を獲得できないという必要性から異業種交流会に参加することになりました。

 

起業しようと思って行ってみた交流会はこんなところ

申し込みした異業種交流会の当日、少しドキドキしながら会場に入ってみると受付の人に参加費3,000円を渡して「自由に名刺交換をしてください。」とのこと

正木 啓

マジで?いきなり何を話したらええん?

わたしは人見知りなので、すでにこの時点で正直来なきゃ良かったと思ってしまいます。

しかし、起業して事業をうまく軌道に乗せる為には色んな人との人脈をつくって、仲間もお客さんも増やした方がいいので頑張って何人かに話しかけました。緊張もしていたし何を話したのかも覚えていませんがクタクタに疲れ、とにかく20人くらいの方と名刺交換はできました。

 

交流会に参加しても仕事にならない?

その後も何度か異業種交流会にチャレンジしてとにかくたくさんの名刺は集まっていきます。一回参加して10枚ほど名刺が集まるとすると5回参加すれば50枚です、しかしながら一向に仕事にはなりそうもありません。

中でもひどい時には参加者の80%以上が保険の営業マンだったり、半分以上がネットワークビジネスの人だったりする事もありました。

当然ですが参加するたびに参加費がかかりますし、そもそも人見知りだから苦痛だし、何の成果も得られないし交流会に参加していても意味はあるのか?と言う疑問が大きくなってきました。

 

起業したばかりの人は要注意

今この記事を書いている時点で起業して6年目になるのですが、交流会に参加してもなぜ仕事が入ってこなかったのか?振り返ってみて考えると色々な原因が今ではわかります。

売れない原因を整理すると・・・

何を提供してくれるのかわからない

例えば飲食店や物販をしている方であれば、何を売っているか何が手に入るのかが明確でほとんど説明する必要すらないこともあるでしょう。

特に気をつけていただきたいのが無形商品の場合です、無形商品とはコンサルティング・カウンセリング・コーチングなどの形がないサービスが商品のケースです。この場合はお客さんに価値を感じてもらうために伝える工夫が必要になります。

起業準備中の時もしくは起業したての時、まだ自分の商品が明確になっていないときはうまく説明ができません。と言うことは相手も何を買えばいいのかがわかりませんので売れる可能性は限りなく0に近づいてしまうでしょう。

 

売りたい売りたいが出てしまっている

売り焦る営業マンはお客さんのためというよりも自分の売り上げノルマや収入のために無理に売ろうとしてしまいます。そのような人から買いたいと思う人は基本的にいないでしょう。

このころのわたしは少し焦っていて、自分都合の売りたいオーラが出てしまっていたと思います。起業して早く事業を軌道に乗せたいと思うのはあくまで自分の都合であって、相手のことを十分に考えられていなかったら商品はなかなか売れません。

自分のことを本当に考えてくれている人から買いたいと思うのが人情です。

 

信頼関係が築けていない

今日会ったばかりで名刺交換しただけの人とはまだ信頼関係が築けていません。

相手のことを理解し自分のことも理解してもらって徐々に信頼関係を深めていくことが買っていただくことにつながっていきます。売り焦ってしまうとそれも忘れがちになってしまいます。

 

まとめ、自分に足りないものが見えてくる。

正木 啓

起業したい人にとって異業種交流会は役に立つ所だと思います。

参加すればすぐに商品が売れたり人脈ができたりという短期的な成果にはならないこともよくありますが、たくさんの方のプレゼンを聞いたり自分もビジネスのことをプレゼンするうちに、今の自分には何が足りていないのかということも見えてきます。

わたしは人見知りのため出来ればあまり参加したくありませんが、我慢して行ってみて良かったと思います。

 

さいごにおまけとして、独立起業する時に頭の片隅に置いていてほしい考え方をシェアします。

それは「最速で失敗を積んでいくことが成功への近道」という考え方です。

どんどん行動して失敗すればするほどそれを活かせれば良い結果に近づいていきます。世の中で成功している人が必ずしも多くの失敗をしているわけではないでしょうが、失敗を恐れずチャレンジし続けることが成功の可能性をあげることは間違いありません。

 

これから起業や副業をしようと考えている方や、異業種交流会に参加してみようと思われている方の参考になれば幸いです。それではまたお会いしましょう!

 

この記事が気に入ったら「いいね!」