セルフコーチングを学びませんか?

夢中になれることを発見したきっかけ

OFFICE YourDesignの正木です(ご挨拶をみる
● event info:夢ややりたい事を見つけるコーチングセミナー(東京)

大阪のとあるCafeより。きょうはどんな1日にしたいですか?
わたしは本町で毎週水曜日に開催している朝活に参加し、そのご今日はPC作業やデザインの仕事を進める一日になりますが。お客さんが喜んでくれるデザインをつくるように頑張ろ〜と思います。

 

それでは本題☆

夢中になれることを発見したきっかけ

 

わたしがNPOの立ち上げに参加しボランティア活動にいたった理由は、夢中になれることを発見したからです。そのきっかけは、かわいらしい中学生の男の子でした。たしか当時は会社員をしながら土日の時間を使って、コーチングのセミナーで講師(ファシリテーター)をして、教育関係者や学生にたいして、師ルータイスの教え脳と心の働きについてシェアしていました。

 

来られていた参加者さんはたいてい熱心な先生や、勉強や部活やスポーツなどで結果を出している学生でした。なので参加意識も学習意欲も高くすでに結果を出している方がさらに結果を出すために学びにきている。という感じが強かったです。

 

そんな中、まれにですが自分に自信がない、学校などでうまくいっていないような子も参加してくれる事がありました。セミナーでは現在の自分をつくってきた自分の過去に触れたり、内観し内面の変化を促したりするワークもあって、2日間のセミナーを通してどんどん元気になって行く子をみて感動して泣く一緒に参加したお母さん。というような場面も何度かありました。

 

きっかけとなった中学生の男の子もそんな子で、たしか学校に行けない行っていないと言っていました。その子へどうすればもっと自信を持たせてあげられるか、良い方向へ向かえるようになるには何を言ってあげられるかとセミナー中に考えながら真剣に伝えていた時、あとから気づきましたが「夢中」になっていました。自分がどう見られているかとかは完全に忘れていて。その子へどうにか伝える事にフォーカスしていました。

 

その後、「なぜあの時自分は夢中になっていたのか?」と考えてもすぐには答えはわからなかったです。しばらく時間が経ってそんな事もほとんど忘れてしまっていた時ふと、自分のやりたい事は、あの中学生の子のように自信をなくしてしまっている人に対してなにか役に立ちたいという事かもしれないという事に気づきました。そこから施設で暮らす子ども達に対してのボランティア活動を考えるようになり。いまは多くの子ども達を、自信や夢をもって周りの人たちをHAPPYにして行く事が私の夢の一つになりました。

 

2014-09-21 07.21.16

 

あしたも、「夢」について書きますね

 

それでは、また☆

当社の公式メールマガジンにご登録下さい。この無料メルマガではさらに起業・キャリアアップに役立つ、マインド・自分ブランドのつくり方や起業やコーチングにまつわるブログには書けない本音や濃い話を毎週配信しております。

メルマガ購読・解除

 

この記事が気に入ったら「いいね!」